スポンサーサイト

  • 2016.04.28 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    百人一首 40番

    • 2016.04.18 Monday
    • 18:06

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首40番をデザインしたものとなります。
    平兼盛


    しのぶれど いろにいでにけり わがこひは 
    ものやおもふと ひとのとふまで

    意味
    誰にも知られないよう心に秘めてきたけど、顔や表情にでていたようだ。
    「恋を思い煩っているのですか?」と人に問われるようになっていました。

    感想
    普通でますよね。どう頑張ったって好きな人の前では、
    それが表情や態度に表れてしまうと思います。

    どうしようもないし悪いことをしているわけではないのですけど、
    やっぱり恋心を知られるのはすごくは恥ずかしいですよね。

    百人一首 39番

    • 2016.04.17 Sunday
    • 03:43

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首39番をデザインしたものとなります。


    あさじふの おののしのはら しのぶれど 
    あまりてなどか ひとのこひしき
    参議等

    意味
    まばらに茅が生え、篠竹の茂る野原の「しの」ではないけれども、
    人に隠して忍んでいても想いが溢れてしまいそうになる。

    どうして、あの人の事が我慢できない程、恋しいのだろうか。

    感想
    「どうして?」と訊かれてもそういうものだし、それでいいと思います。

    「恋しい気持ちが人に知られるのが恥ずかしい」って言う人は多いですよね。
    ですが、人に好意を持つって本当に大切な事だと思いますので、
    知られても別にそこまで気にする事ではないのではないでしょうか。

    堂々と好意をもっていいと思います。
     

    百人一首 38番

    • 2016.04.16 Saturday
    • 05:11

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首38番をデザインしたものとなります。


    わすらるる みをばおもはず ちかひてし 
    ひとのいのちの おしくもあるかな
    右近

    意味
    忘れ去られる私の身は何とも思いません。
    けれど「いつまでも愛する」と神に誓ったあの人が、
    神罰により命を落とすことになるのが惜しまれてなりません。

    感想
    一見見習いたいくらい純粋に一人の異性を愛した歌に読めますが、
    この歌は「純粋な愛の歌」と「皮肉を込めた歌」のどちらにも読めますね。

    もし前者なら、相手が浮気した時に「慰謝料」とか「裏切られた」とか言うのが、
    すごく器の小さく愛の浅い人間に思えて恥ずかしくなりますよね。

    真意の程は定かではないので「純粋な愛の歌」と捕らえて見習いたいです。
     

    百人一首 37番

    • 2016.04.15 Friday
    • 04:10

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首37番をデザインしたものとなります。


    しらつゆに かぜのふきしく あきののは 
    つらぬきとめぬ たまぞちりける
    文屋朝康

    意味
    草の葉に乗って光っている露のしずくに、
    風がしきりに吹き付ける秋の野原は、まるで紐に通していない真珠の玉が、
    散り乱れて吹き飛んでいるようだ。

    感想
    露のしずくに太陽の光が当たると、キラキラしていて本当に綺麗なんですよね。
    そんなしずくの綺麗さが容易に伝わってくる歌だと思います。
     

    百人一首 36番

    • 2016.04.14 Thursday
    • 02:01

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首36番をデザインしたものとなります。


    なつのよは まだよひながら あけぬるを 
    くものいづこに つきやどるらむ
    清原深養父

    意味
    夏の短い夜は「まだ夜が始まったばかり」だと思っていたらもう明けてしまった。
    月が西へ傾く暇もないではないか。いったい雲のどこのあたりに宿をとっているのだろうか。

    感想
    夜空の綺麗な月を楽しみにしている人にとって、
    夏は楽しみが減ってしまう時期だったのかもしれませんね。

    それとも、夜の宴や安らかなひと時を惜しんでいるのでしょうか。

    いずれにせよ、短い夜を惜しむ気持ちが伝わってくる歌ですね。

    百人一首 35番

    • 2016.04.13 Wednesday
    • 02:15

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首35番をデザインしたものとなります。


    ひとはいさ こころもしらず ふるさとは 
    はなぞむかしの かににほひける
    紀貫之

    意味
    あなたは、さてどうでしょう。他人の心は解かりませんが、
    昔なじみのこの里では、梅の花だけが、かつてと同じ良い香りを漂わせていますよ。

    感想
    人の心は変わりやすいものですよね。そんなちょっと薄情な人に対して、
    「あなたは、さてどうでしょう?解かりませんが」と意地悪っぽく始まっているところがおもしろいです。

    変わらないことが必ずしも良いこととは限りませんが、変わらない良さというのもありますよね。

    人の心の変わりやすい少し悪い部分と。梅の香りの変わらない良さを対立させ、
    お互いの主張に拍車を掛けているとてもおもしろい歌だと思います。

    百人一首 34番

    • 2016.04.10 Sunday
    • 20:09

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首34番をデザインしたものとなります。


    たれをかも しるひとにせむ たかさごの 
    まつもむかしの ともならなくに
    藤原興風

    意味
    いったい誰を心の友としようか。
    高砂(長寿で有名)の松も昔からの友人ではないのに。

    感想
    この歌はお年寄りの友達がいなくて寂しい気持ちを詠った歌ですが、
    個人的に百人一首は季節の美しさや男女の恋心を詠ったものが多いイメージが強いので珍しい歌だなと思いました。

    今の時代は老人ホームがあったり、コミュニケーションツールも充実しているので、
    ある程度はこういった気持ちを味わう機会も減ったのかなと思います。

    ですが、この時代にはそれらがありませんから、きっと今よりずっと寂しかったのではないかと思います。

    百人一首 33番

    • 2016.04.10 Sunday
    • 19:15

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首33番をデザインしたものとなります。


    ひさかたの ひかりのどけき はるのひに 
    しづこころなく はなのちるらむ
    紀友則

    意味
    春の光が穏やかでこんなにのどかな日なのに、
    桜の花は如何してこんなにも落ち着きなく散り急いでいるのだろう。

    感想
    この歌は「まだ桜を眺めていたいのにどうして散ってしまうのか」と、
    「わたしはこんなにものんびりしているのにどうしてd桜はこんなに忙しそうなのか」の、
    二通り解釈ができるような気がします。

    もしかしたらその二つを一つの歌に込めたとても上手な歌かもしれませんね。

    なんにせよ、桜はいつまでも咲いているわけにもいかず、時が来れば散ってしまうので、
    一番綺麗に咲き誇っている時を見逃さないようにしたいですね。

    顔文字「どやっ!」

    • 2016.04.10 Sunday
    • 02:49


    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。
    顔文字「どやっ!」をデザインしたものとなります。
    何気に色んなところで使われる「どやっ!」.
    あなたも使ってみませんか?

    百人一首 32番

    • 2016.04.10 Sunday
    • 01:41

    ※その他のグッズにつきましてはこちらからご確認頂けます。

    百人一首32番のデザインとなります。


    やまがはに かぜのかけたる しがらみは 
    ながれもあへぬ もみぢなりけり
    春道列樹

    意味
    山の中を流れる川に風が掛けた流れ止めの柵(しがらみ)がある。
    それは、川面にたくさん散って流れかねている紅葉の集まりでした。

    感想
    「紅葉を見に行く」っていうと、まだ木についている紅葉ばかりに目が言ってしまいますが、
    紅葉の見所はそれだけではなく、散った紅葉もまた綺麗で人の心を癒す。

    そんなことを教えてくれる一句ですね。

    「風が掛けた」っていうのも自然を意識させられて良い表現だなって思います。
    皆さんも次回紅葉を見に行く際は散った紅葉にも目を向けてみては如何でしょうか。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    アクセスログ


    ジオターゲティング
    Powered by TrendPost

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM